前橋市で愛されて29年 安心の総合衣類クリーニング

衣替え「しまい洗い」は、晴れた日。

 「衣替え」

 20度前後くらいの日が多くなったら衣替えの時期です。衣替えの日は、晴れの日が数日続いたときがオススメです。雨の日は衣類が湿気を含むので、通気性の悪い収納に長い間入れると、嫌な臭いやカビの原因になりますので避けてください。晴れた日に洗いしっかり乾かしてしまいましょう。

 「しまい洗い」

 しまい洗いは大切です。一見キレイに見える衣類でも、一度でも着た服は、目に見えない皮脂や汗が付いています。リンゴを剥いてしばらくすると変色するように、目に見えなくてもそれが、黄ばみ・変色・カビ・虫食いの原因になることもあります。いつもより丁寧に襟元、脇、袖口やシミなどをチェックしましょう。皮脂や油性のシミや汚れは、ドライクリーニングはとても有効です。メイクを落とすのにクレンジングを使うのと同じ原理で油には油、ドライクリーニングは特殊な溶剤で洗うので油性の汚れは水洗いより落ちます。ご自分でシミを食器洗剤やクレンジングで処理し、輪ジミや広がったと当店へ持ち込まれることが多いですが、余計落ちなくなったり色抜けしたりするのでご注意ください。クリーニング店へお任せする場合は、何もせず早めにお持ちください。

衣替えは衣類の整理整頓のタイミングです。

 ご家庭洗いとクリーニングに分けてしまい洗いをしましょう。クリーニング店は、ドライクリーニング以外にいろいろな洗い方をしています。水洗い、手洗い、高温洗い、静止洗いと、プロ目で見極めて一番よい洗い方を選択しています。エリや袖口など、直接皮膚に付く場所はかなり皮脂が蓄積していますので、しまう時はクリーニングで黄ばみを防ぎ長持ちさせることもよいと思います。衣替えで整理整頓しクローゼットをキラキラさせましょう。

モンクレールなどのハイブランドクリーニングもお任せください。
しばらく着ない衣類は「不織布包装」をお勧めします。

この記事を書いた人
ホームページでは伝えきれない情報や日々の思いをちょっと詳しく投稿しています。どうぞ暮らしにご活用ください。
SNSでフォローする