前橋市で愛されて29年 安心の総合衣類クリーニング

プラスチック資源循環促進法の対応

プラスチック資源循環促進法とは

2022年4月1日より「プラスチック資源循環促進法」が施行され、全てのクリーニング事業者は、クリーニング利用者に提供するプラスチック製ハンガーと衣類用ポリ包装の使用制限、回収、再利用が義務づけられました。

洗濯工房ココアでは

■ハンガー回収サービス

お客様から「当店使用プラスチックハンガー10円買取」をし、消毒後自社のクリーニング商品に使用するという創業以来続けているサービスで、プラスチック新法「プラスチック資源循環促進法」の施行を受けて、プラスチックハンガーを重点的に買取し、循環を促進します。


■まとめて包装

ポリ包装はクリーニング加工した衣類の衛生保持・品質保持・他人衣類非接触で必要不可欠ではありますが、削減努力はできます。

創業当時から、スーツ・セットアップ・フォーマル・アンサンブル・学生服など組み合わせて着る衣類は、コーディネート包装をしています。

2021年8月23日に開かれた環境省と経済産業省の審議会で「プラスチック資源循環促進法」の対策案がしめされ、2021年9月よりまとめて包装を導入しました。クリーニング店でのポリ包装は、ご家庭に持ち帰るまでの、衛生保持・品質保持・他人衣類非接触のための「ホコリよけ」であり、それを理解していただく発信と協力のお願いを2021年9月~2022年3月にいたしました。2022年4月の施行に合わせ更なる対策として「基本包装はまとめて包装」としていきます。個別包装を希望の場合も対応可能ですのでご希望の場合はその旨お伝えください。

※まとめて包装とは、何着かをまとめて包装することで、例としてスーツ3セット(6点)を1包装

2022年4月 基本まとめて包装に変更

お客様へ

回収や削減にご理解・ご協力いただき、破損したハンガーやポリ包装はご家庭でのプラスチック分別ゴミとして排出してください。

循環型社会への貢献のため、どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人
ホームページでは伝えきれない情報や日々の思いをちょっと詳しく投稿しています。どうぞ暮らしにご活用ください。
SNSでフォローする