前橋市で愛されて29年 安心の総合衣類クリーニング

6月1日は「衣替えの日」

6月1日は衣替えの日ということをご存じですか?

衣替えのルーツは「夏と冬の式服を変えて着用する」という中国宮廷のならわしで日本には平安時代に伝わってきました。6月1日(ちなみに10月1日も)が「衣替えの日」になったのは明治時代に入ってからです。役人や軍人の制服で定められたのが始まりで、現在では学校や企業で制服を切り替えるタイミングがこの日となっています。

衣替えとは、季節の変わり目にその季節に合った衣類に着替える習慣で、このタイミングでキレイに保つメンテナンスの意味も含まれています。クリーニングや洗濯をし、次のシーズンに清潔で気持ち良く着られるようにする役割があります。

衣類をしまう時に洗うのが、着る時に洗うのより、圧倒的に黄ばみ・臭い・カビ・虫食いなどを防げます。 クローゼットやタンスは、湿気もありその原因環境なので定期的に対策もしてください。

春夏物への衣替えは、4月~6月くらいに気温に合わせて徐々に完成させると良いでしょう。

衣替えクリーニングには不織布包装をオススメしています。クリーニング時のポリ包装は、通気性がないため外して保管してください。

長く着続けることは、身近なことからできるSDGsです。 クリーニングや洗濯は、サステナブルにとても大切です。

衣替えは、着る服・着ない服を見極めるよい機会でもあります。

もう着ない、処分するのはもったいない、次の方へ譲りたい、「価値ある衣類は洗濯工房ココア」へお持ちください。クリーニング利用の会員様限定で受け付けております。使用感の著しいもの、シミ破損、廃棄処分はご遠慮ください。

6月30日お預りまでキャンペーン中!

この記事を書いた人
ホームページでは伝えきれない情報や日々の思いをちょっと詳しく投稿しています。どうぞ暮らしにご活用ください。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です